本文へスキップ

呉服・和服・着物 きもの・和小物・浴衣 ゆかた・帯/神奈川県伊勢原市/呉服の江戸屋

電話番号:0463−95−0203

お問い合わせ

語り部の会conversation club


綴帯の勉強会

熱心に語りを聞く参加者

 京都から服部綴工房の社長、服部秀司さんをお迎えし、2日間、計6回の綴れ帯の勉強会を開催しました。もちろん手織り機で、下絵をもとにして、爪の先をギザギザに削り、その爪で糸を柄に合わせて織り込んでいきます。職人さんの高齢化により、細かい柄の製作が難しくなっているそうです。綴帯の良い所は、どんな結び方をしてもしわにならないところです。手アイロンですぐに元に戻ります。また、紬から訪問着、留袖まで締められる遣い勝手の良さです。次回の語り部の会は、「名物裂」の勉強会の予定です。


職人との対話シリーズ・蛍絞り染の実演

見事な染め上がりです

 『創り手との対話シリーズ』きものの産地より、染や織の職人に来ていただき、実際に染めたり、織ったりしてもらいます。
 京都より、桶絞り染作家の三好一彩さんと職人さんを招いて、蛍絞りを体験してもらいました。生地の表と裏に綿で締める染めです。まるでホタルの光のような仕上がりです。染の体験も楽しいですよ。



墨流しのゆかたを染めました

わたしだけのゆかた染めちゃいました

 江戸屋友禅教室の本田先生の工房、高田馬場『染の高孝』でゆかたのマーブル染を体験しました。ご自分でお好きな色とデザインでオリジナルのゆかたを染めました。
 お昼はシェフのパフォーマンスも楽しめる鉄板焼ステーキを楽しみました。


店舗写真

information店舗情報

呉服の江戸屋

〒259-1131
神奈川県伊勢原市伊勢原3−5−4
TEL.0463−95−0203
→アクセス